「水浸法」大腸内視鏡 新宿内視鏡クリニック

内視鏡予約フォーム アクセス

TEL:03-6300-0385

都営大江戸線西新宿5丁目駅徒歩2分
初台駅から徒歩10分、西新宿駅から徒歩10分

水浸法
NBI検査
大腸内視鏡検査
胃内視鏡
水浸法 NBI検査
大腸内視鏡検査 胃内視鏡
  • TOP
  • 「水浸法」大腸内視鏡

「水浸法」大腸内視鏡

『水浸法』大腸内視鏡(大腸カメラ)は
全く痛みなく受けられる検査です。
苦しくないから何度でも気軽に検査が受けられます。

『水浸法』大腸内視鏡(大腸カメラ)で受ける効果

  • 誰でも痛みなく検査が受けられる
  • 痛みがないから無理なく安全(腸に穴があくなどの事故ゼロ)
  • 腸が癒着し、複雑な難しい人ほどメリットが大きい
    (他院で内視鏡挿入が難しく中断された方や痛みが強かった人ほど安心)
  • 無理なくスムーズな検査なので平均挿入時間が早い
  • スコープ挿入が早いので観察に専念でき、見逃しが少ない
  • 腸がムリに伸びたりしないからポリープ切除などの治療が安全に行える
  • 空気を入れないから検査後のお腹のはりや痛みがない

テレビ・雑誌・新聞・医療書籍・インターネットなどでも 最新大腸内視鏡(大腸カメラ)として『水浸法』が多数とりあげられています!

テレビ東京「世界が認めたモノ語り」

テレビ東京「世界が認めたモノ語り」

当院の大腸内視鏡検査(大腸カメラ)がH27年3月1日に放送されました。

  • テレビ東京「世界が認めたモノ語り」
  • フジテレビ「ノンストップ」
  • テレビ東京「世界が認めたモノ語り」
フジテレビ「ノンストップ」

フジテレビ「ノンストップ」

当院の大腸内視鏡(大腸カメラ)検査がH25年4月24日に放送されました。

  • フジテレビ「ノンストップ」
  • フジテレビ「ノンストップ」
日経トレンディ表紙

「日経トレンディ」今、受けるべきがん検診:NBI内視鏡検査

当院の内視鏡検査記事がH28年12月4日の「日経トレンディ」に掲載されました。

  • 日経トレンディ掲載内容
  • 日経トレンディ掲載内容
  • 日経トレンディ掲載内容

※画像をクリックすると拡大表示します。

「日刊現代」大腸内視鏡検査

「日刊現代」大腸内視鏡検査

当院の内視鏡検査記事がH28年5月5日の「日刊現代」に掲載されました。

「日刊現代」楽チン大腸内視鏡検査

「日刊現代」楽チン大腸内視鏡検査

当院の『水浸法』大腸内視鏡検査記事が「日刊現代」に掲載されました。

「日刊現代」最新内視鏡NBI

「日刊現代」最新内視鏡NBI

当院のNBI内視鏡検査がH28年2月9日の 「日刊現代」に掲載されました。

はじめに大腸内視鏡で痛みがおきる原因をご存知でしょうか?

それは「スコープを押しすぎて腸を伸ばしたりねじったりする」からです。ではなぜスコープを押さなくてはいけないのか?その理由は「空気を入れすぎる」からです。従来法ではつぶれた腸の中を空気でふくらませながら スコープを奥まで進めていました。そのため検査がすすむにつれて腸は風船のように空気でふくらんで伸びてしまいます。そうなるとスコープを押すことが多くなり痛みがおきていました。
そこで改良・工夫されたのが 『水浸法』です!

< なぜ  『水浸法』  は痛みがないのか?>

  1. 空気をまったく入れない スコープを奥まで進める際に空気は入れず少量の水を入れては 吸ってを繰り返すので腸がパンパンにふくらまず検査中だけでなく 検査後もお腹がはらずに痛みません
  2. 入れる水の量も少ないから痛くない 従来法では空気を約1~2リットル程入れていましたが水浸法では 入れる水の量も約100~200ml程ですむので腸が伸びたりふくらま ないので痛くありません。
  3. 水でスコープのすべりがよく、浮力が働くので無理にカメラを押さずに入る 腸の中に水があることでスコープとの摩擦抵抗が減り、浮力が働くのでスルスルとすべるようにスコープが進んでいきます。 従来法に比べて4分の1の力でスコープが進んでいくので、ムリに腸を伸ばしたりねじったりすることがありません。
  4. 患者様一人一人の体格に合った内視鏡スコープを使うので痛くない 腸の形は患者様の体格やお腹の手術歴の有無によって全く違います。 その為、検査に使うスコープも患者様の腸に合わせた太さや長さの ものを選択することで元々の自然な腸の形でスコープを進めることが でき痛くないのです。
  5. スコープを無理に押さないので腸が伸びずストレートに入るから痛まない もともとの腸の形は人それぞれですが、水浸法では腸を伸ばさずに引いて 腸を短縮し、たたみ込んでいきます。そうすると腸はまっすぐな状態で 個人差なく検査が行えるので痛みがおきません。
  6. 少量の麻酔も使うので痛くない 水浸法では90%以上の方は麻酔を使わなくても痛みはおきません。 ただ痛みは肉体的な原因だけではなく、検査を受ける時の不安や緊張によってもおこり易くなります。当院では肉体的・精神的な痛み全てを解消するために適時、少量の麻酔を使い、不安・緊張を抑えた落ち着いた状態で検査を行っております。 従来の検査法に比べると麻酔の量も少量ですみ、より安全に検査が行えます。検査後もすぐに歩いて帰宅が可能です。
  7. 内視鏡がストレートに入るのでポリープ切除など、その後の治療も正確・安全に行えて痛みもありません 水浸法では腸がまっ直ぐな状態で入るので細かい操作が必要になる ポリープ切除などでもブレなく正確・安全に治療できます。その結果、 当院ではポリープの大きさや数に制限なく当日のポリープ同時切除が 可能です。原則、入院も必要ありません。

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査・手術費用

 保険:1割負担 保険:3割負担
大腸内視鏡検査(観察のみ) 2000円程 6000円程
大腸内視鏡+生検+病理組織検査 3000~5000円程  9000~15000円程
大腸内視鏡+ポリープ切除+病理組織検査 7000~10000円程 20000~30000円程

※金額は概算になります。事前検査分(血液検査等)は含まれておりません。
※大腸ポリープを切除すると「内視鏡手術」として生命保険の還付金がおりる場合があります。生命保険や医療保険に加入されている方は、保険会社にご確認ください。

大腸内視鏡(大腸カメラ)検査の流れ

検査前
事前に受診し、診察、採血(感染症・出血傾向)、検査の流れの説明と日時を決定。
必要な方には下剤をお渡しします。
※事前に受診困難な方はお相談下さい
※事前診察前に電話での検査日時予約も可能です
検査当日
検査検査4時間前から下剤を2時間かけて服用します。
下剤を飲めない方は胃カメラで内視鏡を通じて下剤を腸に注入し ます。その後、数時間かけて排便があり、腸がきれいになった時点で 準備は終了。
検査用パンツに着替えて、点滴をして検査開始。
検査は15分~30分程で終わります(ポリープも同時に行います) 検査
検査後はすぐに歩いて帰れます。
検査当日は車や自転車の運転はお控え下さい。
※ポリープを切除した方は術後の7日間、運動・飲酒・入浴 (シャワー浴は可)をお控えください。
※ポリープ切除は内視鏡手術扱いとなり医療保険に入られている方は手術費用が負担されますので保険会社指定の診断書を後日、お持ち下さい。
検査後日
検査生検やポリープ切除による病理組織検査を行った方は10日以後に結果説明があります。
施行医自ら病理組織検査の結果を全例確認します。
ページトップ